首位琉球とのアウェー戦を前に、練習に励む徳島イレブン=徳島スポーツビレッジ

 J2徳島ヴォルティスは16日午後6時から、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで琉球FCと対戦する。開幕から1勝2敗と苦しい船出の徳島は内容よりも勝ち点3にこだわりたい。前節大宮戦で無得点だった攻撃陣の奮起が鍵になる。

 ロドリゲス監督は前節大宮戦の課題に決定力を挙げた。前後半とも得点機はある程度つくれたものの、決められなかったことを踏まえ、「相手ゴール前で人数をかけ、怖がらせる動きをしなければ」と指摘する。

 最前線のFW押谷も後ろ向きでボールを受けることが多く、なかなか次の一手につながらなかった。押谷は「もう少しチーム全体で攻撃の基本形を詰めなければ」と話す。一朝一夕に改善するのは難しいが、琉球戦ではFWの枚数を増やす可能性もある。

 3連勝中の琉球の武器は縦への速い攻め。特にカウンターには注意が必要だ。中盤の鈴木徳は「攻守の切り替えやボールを失った後、どうリアクションするかが大事」と話す。最終ラインに入る鈴木大やバイスのほか、内田航らが中盤とうまく連係して琉球の速攻を食い止めたい。

 昇格を目標とするチームが開幕3試合で勝ち点3では物足りない。押谷は「内容よりもまず、勝敗を五分に戻すことが一番」と、必勝を期すイレブンの意気込みを代弁した。初見参の沖縄の地で青い旋風を巻き起こせるか。