四国電力は14日、2019年度に新入社員の初任給を2年ぶりに引き上げることで労働組合と妥結した、と発表した。採用環境が厳しさを増す中、優秀な人材を獲得するのが目的。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。