「ようやく被害者が救われる」。旧優生保護法下の強制不妊手術問題で、与野党による救済法案が決定した14日、施術された障害者が入所する徳島県内の施設関係者らは法制定への一歩を評価した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。