【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続伸し、前日比7・05ドル高の2万5709・94ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は12・50ポイント安の7630・91と4営業日ぶりに下落した。

 ダウ平均はアップルが収益拡大への期待感から上昇し、相場を支えた。ただ米中両政府が貿易協議の決着を目指す首脳会談が4月以降に先送りされると伝わり、重しとなった。

 個別銘柄では、医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が下げた。