「あっと思った瞬間、全身に激痛が走った。死を覚悟した」。板野郡内の廃棄物処理場で働いていたベトナム人技能実習生の男性(32)は、背中にできた大きなあざの写真を見つめて事故の様子を振り返った。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。