[磯]<由岐>14日、前日に16度あった水温は14・6度に下がったが、チヌの釣果が見られた。大バエで50センチを1匹と20~25センチのガガネ5匹。山ノハナで43センチを1匹と70センチのボラ2匹。平バエは41センチを1匹。テグスで50センチを1匹と70~75センチのボラ3匹。

 <津島>14日、水温16・4~16・7度。グレは、二番で28、34センチを2匹と50センチのイシダイ1匹。サバセで31、43センチを2匹。ワレスベリは27~41センチを10匹。

 <大島>14日、水温16・4~17・2度。グレは、一番で生比奈釣クラブの坂田朋生さんがハリス1・2号ハリ4号ウキ下2・5ヒロで28~35センチを25匹。上り潮で高活性だったものの、マキ餌に反応しない時間帯があり、活発になった時に効率よく掛けて釣果を伸ばした。沖ノハエは26~36センチを3匹。大バエで29~35センチを6匹。別の人が34センチを2匹。エボシ地は31~35センチを3匹。ジョウギで28~33センチを4匹。オシドリでは31、35センチを2匹。ヒッツキ大バエで30~37センチを15匹。地冨士は30~41センチを5匹。金輪西で29~35センチを8匹。馬ノ背は32~34センチを4匹。桃オチでは30~38センチを5匹。タニハンは28~35センチを8匹。

 <宍喰>14日、水温16度。大バエで30センチ前後のグレ6匹。松の下で同型を3匹。平バエは30~33センチを3匹。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>15日、沖アミを餌に探り釣りで、15時までに23センチ前後のガガネ30匹。

 [イカダ]<ウチノ海>14日、11時ごろ北の風が強くなった。中央付近のヤカタで、ヨウセイエビを餌にウキ釣りで45~50センチのセイゴ3匹と30センチのアブラメ1匹。別のサオでアオイソメを餌にチョイ投げで35センチのカレイ1匹。サヨリ狙いは25~30センチを150匹。近くで2人が100、110匹。他の人も各自60~100匹。サビキ仕掛けで20センチ前後のマイワシ約100匹。

 <宍喰>14日、水温16・4~16・8度。沖のカセは1号で2人が30~40センチのグレ15匹。13日も2人で、30~38センチを6匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>14日、オモリ30号4本バリ仕掛けでヨウセイエビを餌に、神戸市の人が22~27センチのメバル6匹。他の人は20~25センチを3~5匹。

 <牟岐沖>14日、沖アミを餌にウキ下サオ2・5本で3人が30~38センチのイサギ24匹。

 <浅川沖>14日、2隻が出船し、タイラバージグで40~65センチのマダイ15匹と50~60センチのヒラスズキ8匹、25~35センチのレンコダイ数匹。(県釣連盟報道部)