徳島地方法務局は15日、2018年に受理して救済手続きを開始した人権侵犯事件が前年比35件減の計264件あったと発表した。このうち公務員による人権侵犯は39件(前年比3件減)だった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。