千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した虐待事件で、県警が心愛さんを長時間立たせるなどしたとして、強要の疑いで、父勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=を近く再逮捕する方針を固めたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕は4回目。

 捜査関係者によると、勇一郎被告は今年初めごろ、自宅で心愛さんに命令して長時間立たせるなどした疑いが持たれている。被告から押収したスマートフォンなどの記録から立件が可能と判断したとみられる。