写真を拡大 転覆しているのが見つかった漁船=阿南市沖(徳島海上保安部提供)

 16日午前7時40分ごろ、阿南市の阿南中央漁協から、同漁協所属の漁船が帰港しないと徳島海上保安部に連絡があった。捜索していた漁船が午前9時10分ごろ、阿南市沖で転覆しているのを発見。船長の男性(58)=阿南市、漁業=が行方不明になっている。

 保安部によると、男性は午前6時ごろ、刺し網漁をするため1人で漁船に乗って同市那賀川町の中島港を出港した。普段は1時間程度で帰港するのに帰ってこず、連絡もつかないため漁協が通報。那賀川河口の東約1キロのワカメ養殖網に引っ掛かっている男性の漁船を見つけた。漁船は近くの亀崎漁港にえい航した。

 保安部の巡視船や県防災ヘリコプターなどが周辺海域を捜索したが男性は見つからず、午後6時ごろ、いったん捜索を打ち切った。17日早朝から再開する。