現職13人、元職1人、新人5人の計19人が立候補を予定しており、定数(17)を2上回る可能性が高い。3人超だった前回(2015年)と同様、激しい集票合戦が繰り広げられそうだ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。