徳島で晩年を過ごしたポルトガルの文人モラエス(1854~1929年)と妻おヨネをイメージした石像が徳島市渋野町舟越の通称「おヨネとコハル広場」に設置され、16日に除幕式があった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。