徳島市の四国大で16日、卒業式があり、4学部と短期大学部、大学院の計730人が学びやを巣立った。 松重和美学長が代表者18人に卒業証書や学位記を手渡し「激動の社会を生き抜くには、チャレンジ精神が必要。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。