2度目の栄冠を手にした和田壮平(徳島市陸協)=徳島市陸上競技場

 とくしまマラソン2019は17日、徳島市のかちどき橋南詰めを出発し、市陸上競技場をゴールとする42・195キロで行われ、男子総合は和田壮平(徳島市陸協)が2時間20分20秒で15年に続き、2度目の栄冠を手にした。女子総合は岡田唯(大塚製薬)が2時間47分14秒で初優勝した。

女子総合初優勝の岡田唯(大塚製薬)=徳島市陸上競技場

 12回目となる今回は、過去最多の1万2795人がスタート。途中から雨が降る中、ランナーは応援ボランティアの声援を受けながら懸命にゴールを目指した。