[磯]<津島>16日、上り潮で水温16・7度。グレは、二番で29~35センチを4匹。大バエ東で28~38センチを4匹。近くで27~41センチを4匹。鈴木バエで32~42センチを9匹。

 <大島>16日、上り潮で水温17度。グレは、港回りのノコギリで30~39センチを19匹。本場回りの金輪で28、33センチを2匹。地冨士で30~37センチを15匹。カブトで30、36センチを2匹。源六で35、40センチを2匹。ヒッツキの大バエで32~35センチを3匹。佐本回りはカベで40センチのイシダイ1匹。エボシノ地で36センチを1匹。大バエで2人が30センチを2匹と同型のイサギ1匹。別の人は35センチのイサギ2匹。一番で25~30センチを3匹。裏回りのオハナで28~42・5センチを16匹。同地で28~39センチを17匹と23、25センチの本ハゲ2匹。

 <高知・甲浦>16日、出船時は小雨が降り北西の風が強かったが次第に収まった。緩い上り潮から下り潮に変わり水温16・7度。グレは、ミツバエ中で32、33センチを2匹。同西でTEAM磯FINALISTの福原健さんがハリス1・5号グレバリ3号でウキ下3ヒロ半前後を探り30~35センチを4匹。長兵衛バエで30、31センチを2匹と33センチのサンバソウ1匹。棚バエで30~41・5センチを4匹。銀座バエで30~35センチを5匹と23、24センチの本ハゲ2匹。

 [イカダ]<高知・吉良川沖>16日、1号で沖アミを餌に33センチのグレと30センチのアイゴを各1匹、30センチ前後のイサギ3匹。

 <ウチノ海>15日、昼ごろから南寄りの風が強く吹きだした。ヤカタでサヨリを狙った人が25~35センチを150匹と好漁。アオイソメを餌にチョイ投げして25~30センチのカレイ4匹。

 [船釣り]<伊島沖>16日、北寄りの風が強く少し波も高かった。昼ごろには風波がさらに高くなり納竿した。乗合船で出掛けた人らが本ハゲを狙いサオ頭が17~27センチを5匹。各自1~4匹。

 [波止]<高知・三津漁港>16日、中央の突堤で早朝、アジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・6キロのアオリイカ1匹。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>15日、東のち南の風。水温は出船時15・7度で納竿時は16・3度。内向きで底物狙いが45センチのイシダイ1匹。23~33センチのグレ1~3匹。沖向きの消波ブロックは上マキカゴ仕掛けで同型を1~5匹。(県釣連盟報道部)