17日のとくしまマラソンでは、徳島県警の「エスコートポリス」14人と、県内外の医師や看護師ら「救急サポートランナー」75人がそれぞれコースを走り、参加者の安全や体調に気を配った。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。