[波止]<津田沖ノ一文字>17日、赤灯からやや通称段差よりで40センチのチヌ1匹。バラシが1回あった。

 <小松島港沖ノ一文字>17日、中央付近で38センチのチヌ2匹。

 [磯]<福村>17日、試し釣りが行われ7人が参加。水温12・8度とまだ低く魚の活性は悪かった。高飛で阿波一風の吉岡美喜夫さんが40センチのチヌ1匹。中津島の黒岩ダルマではバラシが2回あった。徐々に水温は上がるため今後期待できそうだ。

 <由岐>17日、水温14・1~14・3度。潮は速い上り。北西の風で波はなし。乗っ込みチヌが上がった。ムギバエで40~46センチを3匹と37センチのマダイ1匹。山ノハナで45センチを1匹。

 <木岐>17日、水温13・1~13・7度。一時的に北西の風が強まったが次第に収まった。潮はほとんど動かず波はなし。チヌが好調。延命寺で45~50センチを4匹。大ヒツギで38センチを1匹。一ツ目で40~48センチを7匹。徳島市の人がエンバエで40、46センチを2匹と25センチの本ハゲ2匹、同型のガガネ1匹。小赤バエで徳島市の人が39・5~47・5センチを4匹。地頭バエで38~47・5センチを4匹。全体的にアタリが多くあったウキ下はサオ1本半。少し重めの仕掛けで磯際や10メートル沖くらいまでのシモリを丹念に探った。餌取りは少なく釣れたチヌの8割は乗っ込みだった。

 <大島>17日、潮は上りで水温16・1~17・2度。25~42センチのグレは、ノコギリで9匹と23センチの本ハゲ1匹。別の人が6匹。ピストルで8匹と30~35センチのイサギ3匹。別の人が4匹。谷で7匹。沖ソエで3匹。別の人が33~35センチのイサギ3匹。エボシで2匹。大バエで30~35センチのイサギ3匹。トビツで4匹と25センチの本ハゲ1匹。タニハン地は2人で5匹。ジイで11匹。別の人が3匹。オハナ地で13匹。

 <高知・甲浦>17日、風が強く釣りづらかった。水温16・7度。グレは、銀座で30~39センチを5匹。タナで33~36センチを3匹。串出の丸バエで30~37センチを3匹。タカの口で30~35センチを4匹。浅草で34~35センチを3匹。ミツバエ中で30、34センチを2匹。千畳エボシで34センチと30センチのアイゴを各1匹。赤灯台で36センチを1匹。長兵衛で40センチのイシダイ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>17日、中央付近のヤカタでサビキ仕掛けを使い20センチ前後のイワシ200匹。別のイカダでも100匹。サヨリ狙いが25~30センチを100匹。周辺の各所で80匹、50匹。

 <宍喰>16日、1号で30~37センチのグレ10匹。(県釣連盟報道部)