中学時代の恩師の教えを胸に甲子園に挑む阿部(左)と久龍=同校

 少年時代から共に白球を追ってきた阿部航一郎と久龍海人。そろってベンチ入りメンバーに選ばれ、一塁手の阿部が「3」、控え内野手の久龍は「10」を背に憧れの甲子園での活躍を誓い合う。

 幼稚園からの幼なじみの2人は、那賀町の相生クラブで野球を始めた。小学2年の時に阿部が先に入部し、半年遅れで久龍が入った。相生中では久龍が2番、阿部が3番を打ち、四国総体で準優勝。全国大会でも1回戦を突破した。

 2人は甲子園を目指すため、富岡西へ進学。申し合わせて進路を決めたわけではなかったが、再びチームメートに。昨秋の現チーム発足後は共にベンチ入りを果たした。

 当初、阿部はレギュラー番号を付けていたが、秋季大会は2桁の番号に変わった。「控えやベンチ外の選手の気持ちを考えていなかった」。小川浩監督の無言のげきに応えるため、声出しやチーム打撃を心掛け、再びレギュラー番号を手にした。

 久龍は進学後に「どの選手もうまい」と感じ、守備のスペシャリストを目指して泥にまみれた。軽快なグラブさばきを常に意識し、捕球や送球動作に磨きを掛けた。

 2人にとって成長の糧となったのが昨秋の県、四国大会での苦い経験。阿部は四国大会準決勝の松山聖陵戦で九回に代打で出場。鋭くはじき返した打球が右翼手の正面を突き、走者が飛び出し結果的に併殺を喫した。好機を広げられず「打ち上げてはいけなかった。強い当たりのゴロを転がせていれば」。好機を広げるための進塁打の大切さを痛感した。

 久龍は四国大会出場が懸かる県大会3位決定戦で先発メンバーに抜てきされ、併殺を決めるなど守備面では期待に応えた。だが3三振と攻撃で貢献できず、その後は打撃力アップに黙々とバットを振り続けた。

 相生中時代の監督だった敷田浩一郎教諭(現阿南一中教)は、富岡西が2001年に21世紀枠候補に選ばれながら落選した時の主将だった。恩師からは「チームの勝利のため自分が何をすべきか」を徹底して教わった。阿部が「敷田先生の教えは今も自分のプレーにしっかり根付いている」と言えば、久龍は「創部以来の積み重ねがあったからこその選抜出場。多くの先輩方の思いも胸に戦う」と闘志をみなぎらせた。

 ◇ 

 甲子園に初出場する富岡西野球部。守り勝つ野球を掲げ、切磋琢磨(せっさたくま)しながらチーム力を高めてきた選手たちを紹介する。