文化審議会は18日、海陽町大里の多田家住宅洋館(旧若衆宿)など徳島県内5件を国の登録有形文化財とするよう、柴山昌彦文部科学相に答申した。国土の歴史的景観に寄与していることが評価された。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。