独立リーグ日本一奪還へ決意を述べる牧野監督=19日夜、徳島グランヴォリオホテル

 四国アイランドリーグplus(IL)の30日の開幕を前に、徳島インディゴソックスの決起集会が19日、徳島市の徳島グランヴィリオホテルであり、選手らが2年ぶりの独立リーグ日本一を誓った。

 ファンや支援者約110人を前に、牧野塁監督ら首脳陣と選手約30人が登壇。南啓介球団代表が「これまで以上に熱いチームを目指すので、ぜひ球場に足を運んでほしい」とあいさつし、牧野監督は「今シーズンはぶっちぎりで優勝し、徳島を盛り上げたい」と決意を述べた。

 新入団選手が一人ずつ紹介された後、主将の安井勇輝内野手が「独立リーグ日本一になり、徳島の名前を全国に響かせる」と力強く話した。

 徳島の開幕戦は30日午後6時から高松市のレクザムスタジアムで行われ、香川と対戦する。