鳴門市は19日、ドイツ館所蔵資料の保存管理計画をまとめた。資料の劣化を防ぐ収蔵庫を確保するとともに、板東俘虜収容所の生活が疑似体験できる演出を採用するなど展示手法を見直す。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。