【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米金融政策に対する期待感を背景に続伸し、前日からの上げ幅が一時140ドルを超えた。午前10時現在は前日比85・29ドル高の2万5999・39ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は26・33ポイント高の7740・81。

 世界経済の減速を受け、米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げに消極的な姿勢を示すとの観測が広がり、買い注文が優勢となった。