[磯]<由岐>18日、波風ともに穏やかな釣り日和。ゆっくりとした下り潮で水温14・1~14・3度。ムギバエで32センチのマダイ1匹。

 <大島>19日、雨が多く降り波も高く、渡れる磯が限られた。下り潮で水温14・7~16・6度。グレはノコギリで2人が30~36センチを4匹。フンドシで30センチ、スベリで35・5センチを各1匹。

 <宍喰>18日、12時すぎから南寄りの風が吹いたが波は穏やか。ゆっくりとした上り潮で水温16・3度。グレは前磯側の北ワレで28、30・5センチを2匹。南ワレでは46センチを1匹。竹ケ島の大バエでは25~35センチを10匹。クラセでは同型を2~3匹。小型が多く釣りづらかった。

 [波止]<鳴門観光港>17日、12時から3時間余り、サビキ仕掛けにウキを付けてチョイ投げをした吉野川市の人が、18~21センチのアジを約80匹。午前中には30センチ前後のサバの回遊があり、多い人は30匹以上釣れていた。

 <粟津離岸堤>18日、強い南風で波もあった。活きエビを餌に電気ウキ仕掛けで3時間、7番で20~28センチのメバル10匹。

 [川]<園瀬川>18日、南東の弱い風が吹いた。少しずつ減水して湧き水のある周辺では水温が上がり11時すぎには14・4度になった。9時半から3時間、ネリ餌で5~10センチのハエ117匹。

 [船釣り]<伊島沖>18日、波風ともに穏やか。仕立船で2人が、サビキ仕掛けで35~45センチのサバを持参した大型クーラーに半分。その後、青物を狙い75~95センチのブリ6匹。

 <室戸沖>18日、波風ともに穏やか。下り潮で水温15・6度。仕立船で2人が魚を餌に1メートル20センチ(25キロ)のカンパチ1匹。その後、ブリを狙い80センチ前後を5匹と同型のメダイ3匹、65センチのマダイ2匹。(県釣連盟報道部)