定数が1削減され、13となってから初の選挙。現職14人のうち2人が引退、残る現職12人と新人2人の計14人が立候補の意向を示している。定数を1上回る選挙戦が確実な情勢となっている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。