3年生の右腕2人は救援を見据え、調整に余念がない。スリークオーターの末広純平と下手投げの八百原賢太。タイプの異なる2人は「登板があるとすればチームはピンチの場面。抑えられるように備える」と力を込める。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。