長崎地方気象台は22日、長崎市中心部で21日夜、海面が上下する「副振動」とみられる現象が起き、一部で冠水などの被害が出たと発表した。