JR四国は22日、管内全18線区の路線別収支を初めて公表した。2013~17年度平均の営業損益は、本州と四国を結ぶ本四備讃線以外全て赤字で、厳しい経営状況があらためて浮き彫りになった。赤字額が最も大きいのは、土讃線の高知―琴平(香川)間で17億6千万円となっている。 

 18線区の13~17年度平均の赤字額は約109億円だった。徳島県内6線区では、土讃線が管内最大だったほか、徳島線が3番目の11億6千万円、牟岐線の阿南―海部間が5番目の8億5千万円、高徳線の徳島―引田間が11番目の5億2千万円など。

 営業係数(100円の収入を得るためにかかる経費)は全体では144で、最も悪かったのは予土線の1159。牟岐線の牟岐―海部間は、予土線よりも経営状況が悪いとされる区間だが、今回は阿南―海部間にまとめられ、ワースト2位の635として発表された。3位は予讃線の向井原―伊予大洲(愛媛)の547。県内の5線区がワースト10に入っている。本四備讃線は84で100を下回った。

 半井真司社長は「努力してきたが黒字化は難しい。今後の路線はどうあるべきか、地域で議論してほしい」と話した。