2位に入った小林陵侑=プラニツァ(共同)

 【プラニツァ(スロベニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は22日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人第27戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、既に個人総合優勝を決めている22歳の小林陵侑(土屋ホーム)が242メートル、220メートルの合計438・1点で2位となり、今季20度目の表彰台に立った。国際スキー連盟によると、シーズン20度の表彰台は史上2位に並ぶ。

 マルクス・アイゼンビヒラー(ドイツ)が445・0点でW杯初優勝を果たした。46歳の葛西紀明(土屋ホーム)は19位だった。