稲などの種子の安定供給を都道府県に義務付けた主要農作物種子法(種子法)の廃止の影響を各地で説いている山田正彦元農相が、小松島市で開かれた食と農を考えるイベントで、「種子法廃止・種苗法の運用とこれから…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。