ランニングバイクで勢いよくスタートする子どもたち=鳴門市のボートレース鳴門

 自転車に親しむイベント「TOKUSHIMAサイクルフェスタ」(県など主催)が23日、鳴門市撫養町大桑島のボートレース鳴門で始まり、多くの家族連れでにぎわった。

 2~6歳児約100人がランニングバイク(子ども用ペダルなし自転車)のレースに参加。80~280メートルのコースで懸命に地面を蹴り、タイムを競った。徳島市多家良町の株田翔和ちゃん(2)は「いっぱい走れて楽しい」と笑顔だった。

 女性ロードレーサーユニット「ちゃりん娘」の宮崎奈緒美さん、中村礼さんをゲストに迎えた「自転車王国とくしまミニガイドツーリング」には、21人が参加。ウチノ海などを巡る27キロのコースに挑戦し、心地良い汗を流した。

 24日はスポーツバイクの試乗会や抽選会があり、鳴門海峡をまたぐサイクリングイベント「鳴門・南あわじ渦潮グルメライド」(鳴門市など主催)も同時開催される。