桜並木を楽しめるソーラーバス=板野町のあすたむらんど徳島

 板野町那東のあすたむらんど徳島で23日、「桜まつり」が始まった。4月7日までの毎週末、ソーラーバスが非公開エリアを特別運行し、見頃を迎える桜並木を楽しめる。

 バスの車体には桜の枝の擬木やちょうちんが飾り付けられ、園内入り口のインフォメーション前から子ども科学館まで約1キロを周遊する。途中、普段は立ち入れない管理用道路を走行し、車窓から沿道に植わるソメイヨシノ約180本を眺められる。

 桜は3月30日前後に咲き始め、4月上旬に見頃となる見込み。運賃は小中学生200円、高校生以上400円、未就学児無料。

 期間中、桜にちなんだパンケーキやクレープが販売され、最終日の7日には和太鼓演奏やけん玉体験会もある。