高校野球の第72回徳島県春季大会第3日は24日、JAアグリあなんスタジアムと鳴門オロナミンC球場で1、2回戦5試合が行われ、徳島北と城西が8強入りを決めた。2回戦で徳島北は6-2で第1シードの川島を破り、城西は3-2で海部に競り勝った。1回戦は、阿波西・吉野川が県大会では初の延長十三回タイブレークの末に6-2で板野を下した。城東は名西に15-5で六回コールド勝ち、小松島西は6-3で城ノ内に逆転勝ちし2回戦に進んだ。第4日の25日は鳴門オロナミンC球場で2回戦3試合が行われる。

 

 第1試合 板野×阿波西・吉野川    
アグリあなんスタジアム(1回戦)
  10
阿波西・吉野川
板 野
 
      11 12 13
      0 4
      0 0
      延長13回よりタイブレーク  

 

 第1試合 川島×徳島北   
鳴門オロナミンC球場(2回戦)
 
徳島北 0
川 島
 

 

 第2試合 名西×城東  
アグリあなんスタジアム(1回戦)
 
城 東       15
名 西      
        (六回コールドゲーム)  

 

 第2試合 城西×海部  
鳴門オロナミンC球場(2回戦)
 
海 部
城 西 ×
  

 

 第3試合 小松島西×城ノ内  
アグリあなんスタジアム(1回戦)
 
小松島西
城 ノ 内