高速道路を逆走したり、小学生の列に突っ込んだりするなど、高齢ドライバーによる事故が各地で起きている。

 高齢者の事故の割合は増える傾向にある。

 2016年に徳島県内で起きた人身交通事故3579件のうち、65歳以上の高齢ドライバー(バイク含む)が絡む事故は1267件(35・4%)と3件に1件以上を占めたことが県警のまとめで分かった。

 高齢者が絡んだ事故のうち、高齢者側が過失割合の大きい第1当事者だったのは、3件に2件以上となる848件(66・9%)を数えた。

 人身事故件数は06年の6494件から、この10年で4割以上減った。しかし、高齢ドライバーが絡む事故の割合は06年の22・1%から、16年は35・4%に増えている。前方不注視や信号の見落としといった初歩的なミスが目立つ。

 全国で15年に運転免許を更新した75歳以上の高齢ドライバーは、約163万人に上る。

 更新時に義務付けられている認知機能検査では、加齢に伴って、認知症や認知機能低下の恐れがあると判定される割合が高くなり、84歳を境に半数を超えることが警察庁の分析で明らかになった。認知機能の衰えは重大事故を招きかねない。

 免許を自主返納する人も増えているが、公共交通機関が脆弱(ぜいじゃく)な県内では二の足を踏む高齢者が少なくない。官民が一体となって、返納を後押しする環境づくりを、しっかりと進めていくべきである。