乱入予告が届いたPINKYCASEワンマンライブ『GUERRILLA ONE MAN GIGS』

 メンバー全員がモデルとして活動する4人組アイドル・PINKYCASEが30日に開催するワンマンライブ『GUERRILLA ONE MAN GIGS』(渋谷CLUB CRAWL)に、謎の“マスクアイドル”5人組から乱入をにおわせる予告状が届いた。

【写真】SNSに投稿されたワンマンライブへの乱入予告

 結成半年で大型アイドルフェス「TIF2018」に出演を果たしたPINKYCASEは今月中旬、事前告知しているにもかかわらず「ゲリラワンマンギグス」と名付けたワンマンライブの開催を発表。これに対し、SNS上で「3月30日開催の”ゲリラワンマンギグ”我々が歌唱すべく乱入するだしん #シブサンより」というメッセージが投稿された。

 投稿には、マスクで目を隠した5人組の女性グループの画像と「シブサンより」というメッセージが記載。芸能事務所プラチナムプロダクションが、所属する小学生から高校生までのメンバーで結成した大型育成プロジェクト「シブサンプロジェクト」から、5人の乱入を予告した。

 日課のエゴサーチ中にこの投稿を発見したリーダーの岩城優里は「PINKYCASEのライブはなんでもありなので、乱入でもなんでも自由にして頂ければと思います。真面目にふざけて、みんなで楽しめれば本望です」と受けて立つ構え。ファンに向けて「ワンマン入場料1000円という価格破壊バリバリな中、曲もたくさん、いろいろなサプライズを用意しております。ぜひぜひ遊びにきて、乱入から私たちを守ってください(笑)」と呼びかけている。

 今回のライブでは、グループ初となる動画撮影可能曲も用意される予定となっている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。