テラスカフェ ランプ

(徳島市佐古二番町)

目立つ場所に置かれたコーヒー豆の焙煎機。周囲に心地よい香りが漂う
新鮮でこだわりの食材

徳島市佐古地区の住宅街に、日本家屋を改装した隠れ家的カフェがお目見えした。外観から想像するより広い店内。カウンターとテーブル席のほか、近くの眉山を望むテラス席や小さな子ども連れでもくつろげる2階のソファ席がある。

店内には、ガラス張り容器のようなコーヒー豆の焙煎(ばいせん)機が置かれている。店員がスイッチを入れると、生豆が舞い、焙煎の心地よい香りが漂う。少量ずつ豆を焙煎できるので、いつもいりたてを楽しめる。

豆は、栽培から選別、品質管理までを徹底し、流通の少ない「スペシャリティコーヒー」のみを使用。最高グレードの豆を使った「エチオピア」(税別600円)は、フルーティーな香りに、ハーブティーのような後味が楽しめる。

ランチは午前11時半から午後2時まで。一押しメニューは、ブランド食材の阿波牛と阿波ポークを使った「ハンバーグ」(1180円)だ。オーブンを使ってふんわりと焼き上げている。県内の新鮮な野菜を使ったサラダと自家製スープも付いている。

厚みがあるカツサンド(1580円)も人気メニュー。石井町の生産者から仕入れる「阿波美豚(びとん)」を使っている。冷めるのが前提のカツサンドは、脂身の少ないヒレを使うことが多い。だが、脂身のおいしさを味わってもらうため、肩ロースを揚げたてで提供している。

Lamp(ランプ)バーガー(1580円)は、阿波牛100%のパティが魅力。脂身の少ないスネ肉を使い、赤身のおいしさを堪能できる。

午後2時以降は、デザートメニューになる。スフレパンケーキ(880円)は、膨張剤のベーキングパウダーを使わないのに、ふわふわした食感。小林ゴールドエッグ(徳島市)から仕入れるこだわりの卵が秘訣(ひけつ)だという。冬季限定の苺(いちご)のミルフィーユ(680円)やフレンチトースト(680円)も人気が高い。

午前11時半まではモーニングで、5種類のセットメニューを用意している。トースト、卵サンド、ピザトーストは550円。フレンチトーストは680円。玄米にハトムギや朝鮮ニンジンなどが入った薬膳粥(やくぜんがゆ)(680円)も食べやすいと好評だ。

オーナーの須見哲也さん(44)は「顔の見える生産者から、こだわりの食材を仕入れている。今後も新しいメニューを増やしていきたい」と話している。

阿波牛と阿波ポークを使ったハンバーグ。ふっくらとジューシーに焼き上げている

〈メモ〉営業時間は午前9時~午後6時。水曜定休。駐車場6台(近くに共用駐車場もあり)。問い合わせは<電088(655)8623>。

徳島新聞2017年4月12日夕刊掲載

*内容は掲載時の情報に基づいています