[磯]<福村>25日、水温12・8度。緩い満ち潮で、波風ともなく絶好の釣り日和。一番東とホロロで鳴門市の稲垣伸治さんが37、47センチのマダイ2匹と36・5~38センチのチヌ、32~35センチのウマヅラハゲを各3匹。ウマヅラハゲはマキ餌に群がり、よく確認できたので専門に狙うのも面白そうだ。

 <木岐>25日、北東の風で波はなし。潮の動きは不安定。延命寺で徳島市の人が43センチ前後を主体に35~53センチのチヌ12匹。ウキ下5ヒロからの沈ませ釣りで黄色のネリ餌でよくアタリがあった。近場では餌取りのフグが多くいたため、少し沖を探った。一ツ目で35センチのチヌ3匹と60センチのボラ、20センチの本ハゲを各1匹。

 <大島>25日、水温14・8度。ピストルで29、32センチのグレと30、33センチのイサギを各2匹。24日、水温14・5~15・4度。潮は場所によって上り、下り、動かずと違いがあった。阿南市の釣り具店主催の磯釣り大会が行われ、52人が参加。グレ、イサギ、マダイ、アイゴ、イシダイ、イシガキダイ、チヌの8匹までの重量を競った。14時までの競技で計量したのは13人。持ち込まれたのは23~48センチのグレ、28~40センチのアイゴ、35、47センチのイシダイで、総重量は17キロ余り。上位入賞者は次の皆さん。屋形で阿波一風の画星正彦さんが30~36センチのグレを8匹そろえ、5425グラムで1位。ヒッツキで阿波闘流会の井内秀夫さんが2405グラム(35センチ前後のグレ3匹)で2位。大バシゴで友愛おにぎり会の原田正勝さんが1675グラム(47センチのイシダイ1匹)で3位。優勝者は30センチのイサギも釣っていた。

 <高知・甲浦>25日、水温14・7~15・1度。長兵衛バエはフカセ釣りで39、42センチのイシダイ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>25日、穏やかな釣り日和。ヤカタでサヨリ狙いは25~30センチがよく釣れ、110匹。近くでも100匹。60匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けで2人が20センチ前後のマイワシを小型クーラー満杯。別の2人も同型を400匹。チョイ投げでは30センチ級のカレイ2匹。

 [波止]<香川・三本松港>25日、13時から3時間、沖アミを餌に阿波市の人が40センチのチヌ2匹。

 <高知・室戸>24日、東海岸で夕方からアジを餌に取り込みにはヤエンを使い、1・1~2・8キロのアオリイカ3匹。

 [船釣り]<浅川沖>24日、南東の風で水温15・1度。沖の掛け釣りでタイラバージグでサオを出した人が、40~60センチのマダイ3匹と40~65センチのハマチ4匹、30センチのホウボウ1匹。(県釣連盟報道部)