徳島県が昨年10月から実施していた会計事務の自動化実証事業が3月に終了し、パソコンで行うデータ入力などの定型業務をソフトウェアロボットに代行させる「RPA」を活用することで、職員のパソコン作業時間の…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。