第1次大戦中、鳴門市にあった板東俘虜収容所の史実を伝える資料を集めた「板東俘虜収容所の世界展」(県教委、鳴門市など主催)が26日、京都市の京都文化博物館別館ホールで始まった。31日まで。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。