三好市と東みよし町でつくる「みよし広域連合」の銀行口座から現金を着服したとして、業務上横領の罪に問われている元職員の被告(43)=東みよし町足代=の第4回公判が26日、徳島地裁であった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。