阿波銀行は、26日開いた取締役会で自己株式200万株を消却することを決めたと発表した。株式数を減らして1株当たりの価値を高め、株主への利益還元を図るのが目的。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。