【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前週末の大幅下落を受けた買い戻しが優勢となって続伸し、前日比140・90ドル高の2万5657・73ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は53・98ポイント高の7691・52。

 日経平均株価(225種)や欧州の主要株式指数が軒並み上昇したことを背景に、投資家のリスクを避ける姿勢が和らいだ。

 個別銘柄では、このところ低下が続いていた米長期金利が上昇したことから、利ざや拡大が意識された金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースの上昇が目立った。