[磯]<大島>26日、波風ともに穏やか。潮は安定せず14・5~16度。グレは屋形で2人が32~37センチを7匹。ヒッツキでも2人が28センチを1匹と43センチのイシダイ2匹。

 <津島>26日、波風ともに穏やか。下り潮で水温14・4~15・3度。グレは1番の船付で33~44センチを5匹。チョウセンでは37センチを1匹。

 [船釣り]<伊島沖>26日、波風ともに穏やか。乗合船で出掛けた人が35~40センチのサバ30匹。その後ポイントを移動し、小魚の泳がせ釣りで83センチのブリ1匹。別の船では、5人が貝のムキ身を餌に胴付仕掛けで30号のオモリを使い、20~27センチの本ハゲをサオ頭の人が22匹。13匹の人が2人。低水温でアタリが小さく釣りづらかった。

 <高知・室戸沖>26日、波風ともに穏やか。潮はほとんど動かず水温15度。仕立船で水深50メートル前後の場所で釣れた小魚を餌に大型のカンパチを狙ったがアタリはなく、別のサオで30~35センチのウメイロ20匹と65センチのマダイ、80センチのメダイを各1匹。25日にも30~35センチのウメイロ10匹と40センチのイシダイ1匹。

 <高知・行当沖>26日、波風ともに穏やか。潮はほとんど動かず水温15度。仕立船で2人が水深70~80メートルの場所で、ウキ下50~60メートルで60~70センチのマダイ23匹と好釣果。別の自家用船では同型5匹と80センチ前後のメダイ3匹。

 [投げ釣り]<小松海岸>24日、徳島SC協会の初投げ釣り大会に40人が参加。釣り場は自由で13時までに小松海岸に帰着するルールで行われ、カレイかアブラメ2匹の合計長寸を競い、21人が計寸を受けた。里浦海岸で鱗友サーフの矢野勝彦さんが82・8センチ(43・5センチと39・3センチのカレイ)で優勝。沖洲で同クラブの佐々木綾さんが76センチ(36センチのカレイと40センチのアブラメ)で2位。和田島でキャスターズクラブの下村勝さんが68・6センチ(40・6センチと28センチのアブラメ)で3位。他魚の部では同クラブの平松博安さんが66・1センチのカンダイで1位。その他全体ではアブラメ17匹、カレイ6匹、キビレ6匹、カサゴ5匹、スズキ2匹が持ち込まれた。(県釣連盟報道部)