「つるぎの五穀パン」を使ったランチメニュー=つるぎ町貞光の貞光ゆうゆう館

 つるぎ町貞光の道の駅「貞光ゆうゆう館」が、世界農業遺産「にし阿波傾斜地農耕システム」認定地域の雑穀を使ったパン「つるぎの五穀パン」を作った。食を通じて世界農業遺産をPRするのが狙い。4月1日から道の駅レストランのランチで出す。

 町内の農家でつくる「つるぎ雑穀生産販売組合」が生産するタカキビ、コキビ、アワ、ハダカムギの4種類を県産の米粉に練り込んで焼いた。雑穀特有のぷちぷちとした食感が楽しめる。

 五穀パンは、ランチメニュー「うれしいパンプレート」(税別1000円)の主食として出す。道の駅の自家製豆乳を使った「豆乳白パン」、阿波尾鶏の香草焼き、季節のサラダ、スープが付く。

 ランチの評判次第でパンだけの販売も検討する。見定広明支配人は「雑穀にはミネラルや食物繊維がたくさん入っている。急傾斜地農業を広く知ってもらう一助になればうれしい」と話している。