石井町高原の高橋鎭也さん(73)が、築200年以上の藍屋敷を活用した農家民宿「古民家・懐和の里」を始めた。伝統ある家屋に寝泊まりしてもらい、藍の歴史や魅力を伝える。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。