2020年東京五輪が、史上最多の33競技の339種目で実施されることになった。

 五輪にはなじみのない若者に人気の新競技や、男女混合種目が数多く採用された。

 「男女平等」などを念頭に五輪改革を進めた国際オリンピック委員会(IOC)の意欲がうかがえる。

 男女混合種目は18で、昨年のリオデジャネイロ五輪から倍増した。

 日本のメダル獲得が有望な卓球混合ダブルスや柔道混合団体も選ばれた。日本勢の活躍に期待がかかる。

 卓球の混合ダブルスは、今年の世界選手権で吉村真晴、石川佳純両選手のペアが世界一に輝いたばかりだ。

 男女3人ずつで実施される柔道混合団体は、選手層が厚い上、各階級に実力者がいる日本にとっては、有利な種目である。

 新鮮でユニークな種目も登場する。男女2人ずつの4人で編成する陸上の混合1600メートルリレーがその一つだ。陸上ファンでも見たことがある人は限られるのではないか。

 競泳の混合400メートルメドレーリレーや、トライアスロンの混合リレーも注目される。

 カヌーの男子3種目を女子に変更するなどした結果、女子の割合が過去最高の48・8%になるのも特筆されよう。

 女性の社会進出とともにスポーツ愛好者も増えている。男女の平等化を図るIOCの努力は評価すべきだろう。

 五輪改革の成果を印象づけるのが、若者に人気の3人制バスケットボールなどだ。自転車では、多彩な形状のジャンプ台などで技を競うBMXフリースタイルのパークが行われる。

 バッハ会長は「東京五輪がより若者向きで、都会的で、多くの女性が参加する大会になることを喜ばしく思う。魅力的な新種目は五輪に変革をもたらす」と語った。

 変革を実現させるためにも、東京大会を成功させなければならない。

 ただ、種目数が増えたことを手放しでは喜ぶわけにはいかない。

 IOCは、夏季五輪の上限を約310種目としている。 しかし、東京大会限定の追加種目となる野球・ソフトボール、空手など5競技18種目を除いても、リオ五輪より15種目多い321種目に上る。

 東京大会の組織委は開催経費の圧縮に取り組んでいる。種目数の増加に伴う負担増は避けるべきだ。

 IOCが、全体の選手数を285人減らしたのは、組織委への配慮だといえる。

 東京大会は、新国立競技場の建設計画の差し替えや、競技場の選定、開催経費の負担問題などで、迷走してきた。 これまでのイメージダウンを挽回する時が来た。

 アスリートが気持ちよく競技できるよう、新種目の競技場の確保や受け入れ態勢の整備に、しっかりと気を配ってもらいたい。若者の五輪離れを防ぐ意味からも、柔軟に対応してほしい。