徳島県は28日、2017年度に県内事業所が届け出た有害な化学物質の排出量が、前年度比2・7%増の452トンだったと発表した。増加は2年ぶりで、事業所の生産活動が伸びたことが要因と考えられる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。