JR四国は28日、2019年度の事業計画を発表した。国の支援措置を活用して新型特急車両を購入することなどから、経常損益は28億円の赤字になる見通し。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。