国立大出身でNPB目指す 安丸友耶投手(22)

鳴教大から徳島入りし、「NPBへの道を開く」と挑戦する安丸

緩急つけた頭脳的投球


  スライダー、カーブ、シュート、スプリットと豊富な変化球を操る。打者の雰囲気を感じ取り、直球で押したり変化球でタイミングを外したりと頭脳的な投球で勝負する。

 主将を務めた川島高から教員を目指し鳴教大に進学したが、大学で野球を続けるうちにプロへの思いが芽生えた。2018年度四国六大学秋季リーグでは、二部ながら最優秀防御率と最多勝の2冠に輝き、ベストナインにも選ばれた。「人生で一度くらいは徳島の名を背負って野球がしたかった。独立リーグ日本一に貢献できれば」と入団の動機を語る。

 目標とする投手は、米大リーグ・マリナーズの菊池雄星。西武時代から強いメンタルで打者に立ち向かう左腕に少しでも近づき、「国立大卒業生として徳島からNPBへの道を切り開きたい」と意気込む。

 ルーキーイヤーの課題は、最速140キロの直球の球速アップと確実にカウントが稼げる変化球の精度。そのため、キャンプではフォーム改造にも積極的に取り組んだ。新たなステージに挑む阿波っ子左腕は「防御率1点台で10勝以上を挙げ、最多勝を目指す」と有言実行を誓う。