徳島県内の15JAは4月1日から、個別に構築、運用していた経済系と会計・管理系のシステムを統合し、共通化した「県域電算システム」の本格運用を始める。システムの維持運用コスト削減を図るのが目的。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。