日本の歴史上、採用されたことがない「てんせい」と読む元号が、三好市で見つかった太鼓や高知県の石造物などに残されている。漢字表記は「天政」「天晴」「天星」の3種類。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。