4月7日投開票の徳島県知事選に立候補した共産党新人の天羽篤(68)、無所属現職の飯泉嘉門(58)、無所属新人の岸本泰治(61)の3氏はさまざまな県政の課題に対し、どのような姿勢で臨むのか。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。